ホーム / いきいきと毎日を過ごす /

I love you, because you are you.

I love you, because you are you.

by 星 ゆいこ
この投稿のコメントは受け付けていません。

『 I love you , because you are you.』

 

アメリカ合衆国の心理学者、カール・ロジャーズの言葉です。

 

私は、ハーブティーについている、

タグでこの言葉を知ったのですが、

 

直訳すると、

 

「あなたが、あなただから、私はあなたを愛しています」

「私はあなたを愛しています。なぜなら、あなたがあなただから」

 

です。

 

※becauseの後の文を最初に持ってくるか、後にするか、

どっちが正しいかはお任せします。。

 


「ありのままでいいよ」


 


と、受け取るよりは、


 


you are you.


 


you の後にくるのが、


 


you work so hard.(一生懸命に働くから)


you put on nice make up.(お化粧が綺麗だから)


you have some money.(お金を持っているから)


 


という、動詞=行動するから愛されるわけではない。


 


you are の後にくる言葉が、例えば、


 


you are beautiful.(美しいから)


you are so sweet.(素敵だから)


you are clever.(賢いから)


 


のように、形容詞=条件があるから、愛されるわけではない。


 


 


you are you.


 


あなたが、あなただから、愛しています。


 


 


美しくなくても、素敵じゃなくても、


賢くなくても、


 


一生懸命働かなくても(これは、ちょっと問題かもしれませんが…)


綺麗にお化粧しなくても、


たくさんお金を持っていなくても、


 


あなたがあなたでいるからこそ、愛している。


 


 


そんな、大きな愛を表す言葉です。


 


 


 


どうしても、


 


愛されるために、


これでもか!これでもか!というまで、


条件を揃えようとしてしまいがちです。


 


 


「愛されメイク」


「愛されポイント」


「愛されるメールの仕方」


 


など、


 


その条件が揃っているかどうか、


自分がちゃんと出来ているかどうか、


いつもチェックしていて、


 


鎧のように、完全防備で心が固まっていませんか?


 


愛されるはずと、


自分を偽り、完璧を装い続け、疲れ果ててませんか?


 


 


完璧になることに必死になるのではなく、


欠点やうまくいかないこと、出来ないことを、素直に受け止めて、


甘え上手になってみませんか?


 


 


…とは言っても、


 


「出来ません」


「これやって♡」


 


と、常にいうことではなく、


 


「出来ないあなた」をそのまま受け止めてもらう


「1人で抱えて解決できないことを共有して」受け止めてもらう


 


ということ。


 


 


そして、


 


そこに批判やアドバイスや、卑下、


否定がないということが、


 


i love you ,because you are you. です。


 


 


できない自分は、


 


恥でも屈辱でも何でもなく、


そこから大きなものが生まれる大事なあなたの一部です。


 


 


もちろん、


開き直りと、丸投げとは、まったく違います。


 


 


不完全でいて、完璧です。


欠けていて、完璧です。


 


劣っているから、怠けているから、


不完全で、欠けているわけでは絶対にないんですよ。


 


I love you, because you are you.


あなたがあなただから、あなたを愛しています。


 


 


(愛という言葉を使うのは…何だか、気恥ずかしいですね!###)

この記事を共有する

コメントは締め切りました