ホーム /

自己紹介:あなたの悲しみを引き受けます

心と身体を軽くする
グリーフケアコーチ

はじめまして^^

 

人には言えない悲しみを全て吐き出し、

重たい心と体を軽くして、

心と心が通う居場所を作る。


命に寄り添うコーチ、星 ゆいこです。

 

 

「命に寄り添うコーチ」とは、


セッションを通して、

人にはいえない重荷を癒し、

元気に幸福感に包まれながら生きるお手伝いをしています。

 

心と身体を軽くする

セッションでは、


・心の重荷を癒すこと

・気づきをおこすこと

・自分を味方につけること

・被害者からの脱却

・問題を根本から解決すること


ができるようになります。

 


トラウマ感情(心の重荷)をなくしたり、

トラウマ感情を思い出して味わい切ることはしません。


また、メンタルを強くし、

ポジティブ思考に変えて、

 

つらい出来事が平気になる(心を麻痺させる)ようなことも、

おこなっていません。

心と身体を軽くする
グリーフケアコーチ

なぜなら、

うまくことが運ばない理由を、

「自分のメンタルが弱いせいだ」といって、

 

メンタルを強くしようとすればするほど、


ネガティブ思考な自分にダメ出しをして、

ポジティブ思考に変えようとすればするほど、


余計に辛くなり、苦しくなり、

余計にうまくいかなくなり、

 

抱えきれない苦しみだけが大きくのしかかり、

 

その結果、自分の居場所がどこにもなくなってしまうからです。

 

グリーフケアコーチ

コーチングとは、

あなたが行きたい場所へとお連れする「馬車(コーチ)」が語源となっています。

 

つまり、


すごくつらいとき、

自分を無理に叱咤激励しなくても、

つらい身体に鞭打って、無理に頑張ろうとしなくても、


コーチングを受ける、

…つまり馬車に乗って、行きたいところへと移動することができます。

 


コーチングは、

1回約2時間のセッションで進めます。

 

セッションは、たった二つの質問に答えるだけです。

 

 

以下、セッションの進めていく上でお約束していることです。


・あなたを苦しめている過去やその詳細を説明しなくても大丈夫です

・言いにくいことは言わなくても大丈夫です

・知られたくないことを知られることはありません

 

・アドバイスはしません

・ダメ出しや批判もしません

・意見もしません

 

・思う存分、涙しても大丈夫です(むしろこれはとても良いことです)

・守秘義務を遵守します(契約書を交わします)が、それが必要ないほど、
私には詳細や具体的な内容がわからないようなメソッドになっています。

 

つらくて、胸のつかえを取ることができず、

自分ではどうにもできなくて、

誰にもその気持ちを吐露できない……


そんな、あなたの心の重荷に寄り添い、

解決へと共に歩むコーチングを提供しています。

 

心と身体を癒す体験3
グリーフケア

 

苦しくて悲しくてつらい、

絶望の淵にいるからこそ、

 

人から避けられ嫌われる「ネガティブパワー全開」のあなただからこそ、


あなたの「命」に寄り添いながら、

根本から悩みを解決し、

 

限りある人生において、

願望を実現していくお手伝い

=コーチングを提供しています。

 

セッションという言葉は、

聞きなれなくて、

不思議に思われるかもしれませんが、

 

セッションとは、

 

自分を責め倒して、

否定し尽くして、

 

傷つきすぎて無理しすぎている自分に

優しく向き合うことができる時間であり、

 

自分でも気づいていない深い傷を、根底から癒すことができる時間です。

 

グリーフケア

・星 ゆいこ

・心と身体を軽くする「いのち」に寄り添うコーチ

・26才の時に父を肝がん(ステージ4)で亡くし、翌年、流産を経験。「いのち」の重みと家族の死に大きなショックを受け、打ちのめされる。父のがんに気づけなかった罪悪感、流産した自分を責め、母親との関係に苦しみ、途方にくれた10年を過ごす。何とか深い悲しみから抜け出し「幸せ」になるために、様々な考え方や食事や生活、健康法やあり方、心理学やスピリチュアル、アーユルヴェーダなど「答え」を探し求めて彷徨う。

断捨離に出会って人生が変化し始めるものの(グランプリを受賞)、心と身体と頭の中だけはどうしてもスッキリしないまま、捨てるものがなくなり、買うことができなくなったとき、カウンセリングやセラピーを試すも、新たな心の傷を負ってしまい逆に落ち込む結果になる。

そんな時にストレスクリア®️コーチングに出会い、ストレス=葛藤していたことに気づき、2時間のセッションであっさり解決。もともと目指していた「いのち」を支える仕事として、人には言えない悩みや「グリーフケア」と掛け合わせたコーチとして活動中。

グリーフケア