ホーム / いきいきと毎日を過ごす /

思い込みを捨てるには

思い込みを捨てるには

『思い込みを捨てるには』

 

もっと、休みがあったら

もっと、時間があったら

もっと、自由になれたら

 

今のつらい状態から抜け出すには、

もっと、休みがあって、時間があって、自由があって、

そうしたら、楽になれるのに。

 

 

と、

「ない」条件を並べては、

 

その条件が、なかなか手に入ら「ない」から、

 

自分はつらいままでいるしかないと、

思い込んでいませんか?

 

 

いやいや、思い込みじゃなくて、

そうなんです!

 

と思うかもしれませんが、

実は、全て思い込みです。

 

 

ですが、思い込みを捨てようとすると、

なかなか捨てられるものではなく、

 

そもそも「思い込んでいる」ことにさえ、気がつけず、

 

つまり、「何をどう思い込んでいるのか」は、

自分では、どうしても気づくことができません。

 

 

なぜなら、

 

「思い込み」=「当たり前」=「信念」

 

となってしまっているからです。

 

と言っても、わかりにくいと思うので、

クライアントの方の言葉をご紹介しますね。

 

===========================

 

今までは、自分で自分を振り回していた。

振り回されていたと思い込んでいた!

 

勝手に人の気持ちを決めてた!

自分の中で。計り知れないのにね。わかるわけないもん。本当に。

 

あと、言葉尻だけ態度だけで決めてた。

それも思い込みだった。

 

そのピースを寄せ集めて、

勝手に私に対する敵のような人物像を作り上げて、

その架空の人物といつも戦っていた。

 

めちゃくちゃ疲れるし、精神的な疲労感がすごかった。

 

体はなんともなかったけど、疲労感が体に出ていた気もする。

今考えるとゾッとする。

 

=========

 

休んでも休んでも、癒されない疲れは、

思い込みからくる、頭の中の疲労です。

 

ぐるぐる、ずっと答えを探し求めて、

 

されたこと、言われたこと、

過去のことをずっと引きずってしまい、そこから抜け出せない疲労感です。

 

 

ない答えを探してしまっているので、

答えが出ないのは当然なのですが、

 

 

脳は性質として、

一度、投げかけた質問は、答えが出るまで探し続けてしまいます。

 

性格や考え方とか個人的な要素は全く関係ありません。

 

 

勝手に、自動的に、

脳が、ずっとぐるぐる探し続けてしまうために、

何もしていないのに、ただいつも疲れています。

 

 

身体の疲れは、ある程度休めばしっかりリセットされますが、

 

頭の中での疲れは、延々とぐるぐる悪循環に陥ると、

 

そこから抜け出さない限り、

ずっと頭が考え続け、エネルギーを消費して、

 

癒されることがありません。

 

 

復讐のように、

されたことに対して、

 

こうしてやろう、

こうすればやっつけられる、

 

こう言えば、相手が黙る、

こうすれば、相手が惨めな気持ちになるはずと、

 

あの手この手で、色々考えても、何だか虚しいだけで、

解決にもならず、気持ちもスッキリしません。

 

というか、怖い…ですよね。。

 

ネガティブというか、ダークです。

 

 

相手を打ち負かすことで、

解決すると思い込んでいると、

 

解決したときには、あなたの周りには、誰1人、いません。

 

 

他でもない、あなた自身がみんなやっつけたから、

周りに人がいなくなります。

 

それなのに、

 

孤独で寂しい、誤解される、

気持ちが伝わらない、本音が言えないと悩んだりしてしまいます。

 

 

戦国時代なら、その強さで、

国を統治(権力で抑える)することができるかもしれませんが、

 

今は、2019年。

 

G20が開催される世の中です。

 

 

戦わなくても、

敵をやっつけなくても、

勝たなくても、

 

「思い込み」に気づくだけで、スルッと戦いをやめることができます。

 

そもそも、誰も戦いたくなんかないし、

戦わなくても、欲しいものが得られれば、それでいいんです。

 

そこに気がつくと、

 

ずっと重たかった、

心の鎧(思い込み)をドサっと下ろすことができて、

 

心も身体も、羽が生えたように軽くなることができるんですよ。

この記事を共有する

コメントは締め切りました