ホーム / ぐるぐるを終わらせる /

何をやっても満たされない-3

何をやっても満たされない-3

by 星 ゆいこ
この投稿のコメントは受け付けていません。

結果を期待して、

間接的に行動していると、

うまくいきません。

 

 

つまり、

「こうすればうまくいく(はず)

の方法(ノウハウ)ばかりに気を取られていると、

 

「不幸感」「不満感」「満たされなさ」

でいっぱいになります。

 

 

「なんで、こんなにいろいろやっているのに、うまくいかないんだろう…」

「うまくいくはずなのに、おかしい…」

 

 

焦れば焦るほど、

満たされることはありませんし、

 

永遠に、

不満が解消されることもありません。

 

 

なぜなら、

方法(ノウハウ)に頼りきってしまっているのは、

 

例えていうなら、

 

本当はリンゴが食べたいのに、

 

バナナを食べていれば、

リンゴを買えるポイントが貯まって、食べられるから、

 

だから、バナナを食べ続けているのと同じだからです。

 

 

そんなはずはない。

 

と思うかもしれませんが、

意外と、やってしまっています。

 

 

もっというと、

意外と、本当に欲しいものがわかっていない。

 

だから、

とりあえず、得すること、こうすれば良いことを手に入れておく。

 

 

そして、

あれ?いつになったら、欲しいものが手に入るんだろう?

と我に帰る。

 

でも、欲しいものがわかっていないのに、

手に入れることは、不可能です。

 

 

絶対に手に入りませんが、

意外と、こう謳った文言は多くて、

 

 

お金に関しても、

 

「出せば、必ず入ってくる」、

 

他人に優しくしていれば、

いつか自分が困った時に、優しくしてもらえる。

 

して欲しいことを、人にしてあげると、

自分に返ってくる。

 

 

など、どれも、結構

(というか、かなり)危険です。

 

 

 

上の文を言い換えてみると、

こんな感じです。

 

お金を手にするために、わざと出費する。

優しくしてもらうために、優しくしておく。

して欲しいことがあるから、人にしておく。

 

…どうでしょう。

 

良い人なんだか、下心満載の悪い人なんだか、

さっぱりわからない感じです。

 

だから、

永遠に欲しいものは手に入らなんです。

 

 

そして、

手に入らなくて、

 

「こんなにやってあげているのに、なんで?」

 

と、怒りが湧いてどうしようもなくなって、

その結果、人間関係をこじらせるか、

 

もっと自体を悪くして、

優しくしてもらえるよう、人に助けてもらえるよう、

自分で自分を傷つけ、苦しくなるしかなくなります。

 

 

そうなる前に、

(こじらせる前に…)

 

素直な自分を取り戻すことが、解決への一番の近道です。

 

 

つまり、

 

お金を稼げば良いし、

優しくして欲しいと伝えれば良いし、

して欲しいことがあれば、お願いすれば良いんです。

 

 

…とはいっても、

なかなか素直になれないからこそ、苦しい訳ですが、

 

セッションでは、

2つの質問で、一段一段、少しずつ殻を破るように、

素直な自分を取り戻していきます。

 

 

「〇〇〇に、本音を伝えてみましょう」

「もっと素直になってみましょう」

 

ということは、言いません。

 

 

わかっていても、

できないからこそ、苦しいのに、

 

アドバイスで、

また苦しんでしまうからです。

 

 

質問に答えながら、

本質的に素直な自分を見つけていく。

 

そうすると、

方法に頼る必要がなくなり、

方法を探し求める必要がなくなります。

 

 

この爽快感は、格別です^^

 

そんなセッションを提供しています。

この記事を共有する

コメントは締め切りました